子どもの貧困対策センター 公益財団法人あすのば

子どもの貧困対策センター 公益財団法人あすのば

子どもたち明日つくる

子どもの貧困対策センター 公益財団法人あすのば

scroll

あすのば通信

新着記事

2020.06.25
【ご寄付のお願い】緊急支援給付金に定員5倍の5,850人が申込
2020.06.01
<申込終了>非課税世帯の高校生世代対象 あすのば 緊急支援給付金
2020.05.28
<緊急支援募金プロジェクト開始!>新型コロナで困窮している子どもへ緊急支援の給付金を!
2020.05.25
【受付終了:緊急支援のお知らせ】新型コロナウィルス感染症・あすのば緊急支援事業
2020.04.30
新型コロナウイルスに伴う若者への影響調査
2020.04.17
新型コロナウイルス 支援情報

あすのばについて

公益財団法人あすのばは、「明日の場」であるとともに「US(私たち)」と「NOVA(新しい・新星)」という意味もあります。子どもたちが「ひとりぼっちじゃない」と感じてほしいという「私たち」と一緒だよという願い。そして、多くの人に子どもの貧困問題が他人事ではなく自分事に感じてほしいという「私たち」でもあります。
詳しくはこちら

あすのばの三本柱

調査提言

調査提言

子どもの貧困の実態を徹底的に「見える化」し具体的・建設的な提言をする

詳しくはこちら
中間支援

中間支援

子どもを支える組織や人をしっかり支えることで全国各地で充実した支援体制の確立

詳しくはこちら
直接支援

直接支援

支えられた子どもが支える側にまわれるような社会全体で子どもを育む仕組みの拡大

詳しくはこちら

子どもたちの現状

6人に1人の子供たちが
経済的に苦しい状態

一定基準を下回る手取り所得の家庭で育つ子どもの割合。(相対的貧困率)は、厚生労働省によると16.3%(2012年)で1990年代半ばから上昇傾向となっています。その子どもの人数は全国で約320万人にのぼり、子どもの6人に1人が経済的に苦しい状態で生活をしています。
深刻化する子どもの貧困は、子どもや親など個人の問題ではなく社会の問題になっています。
詳しくはこちら
画像

” あすのば ” は子どもたちの想いを
大切にし、活動に取り組んでいます。

あすのばの活動に参加する学生達

ご寄付のお願い

85%を事業費として、15%を管理費として大切に使わせていただきます

※『緊急支援』へのご寄付は、すべて給付金に使用します

       
あすのばの活動を継続して支援する「あすのば応援団」のメンバーを募集しています。
毎月500円からの継続してご支援いただく方々1,000人を目標にメンバー(継続ご寄付者)を募っています。あわせて、今回のみのご寄付も承っております。
ご寄付は85%を事業費として、15%を管理費として大切に使わせていただきます。
なお、『緊急支援』へのご寄付は、すべて給付金に使用します。

まだ光のあたっていない子どもたちにも、一人でも多く光があたるように、子どもたちへの応援メッセージとともに、ご寄付賜れれば幸甚です。よろしくお願い申しあげます。
ご寄付希望の方はこちら

TOP